我々の想い

訪問診療のインフラ構築を医師の支援を通して実現する。
そして、患者様の安心を提供し、最も頼られる地域医療を形成する。

私たちの事業は、一言でいえば「訪問診療の支援事業」です。
今後、日本の高齢化は一層、進みます。医療費のコストも上昇します。通院したくてもできない、入院したくてもできない、そういう方が増加します。一方、病院ではなく、在宅生活を希望する、介護や医療が必要な方も増加します。
私たちは、主に介護の必要な高齢者の方への訪問診療を通して、在宅で診療を希望する患者さんを支援し、一方で、在宅診療を行う医師を確保し、支援する役割を担っています。

「医師にとって」

訪問診療のニーズは多くあります。しかし、訪問診療の経験のある先生は多くはありません。私たち「のぞみ」が、診療所の立ち上げから運営まで事業基盤のすべてのお手伝いをすると同時に、私たちが支援する「訪問診療ネットワーク」の在宅経験豊富な医師集団が、新しく訪問診療を志す先生方の支援を行います。

「患者様・介護施設にとって」

首都圏の1都3県、および愛知県にある多数の診療所からの訪問診療が可能です。様々な希望や要望を含め、医師との間を私たち「のぞみ」の「メディカルサポーター」が支援します。また、メディカルサポーターは地域の医療機関や介護事業者とも連携して、その方にあった医療・介護サービスの提供のお手伝いもいたします。

私たち「のぞみ」は、医療と介護施設、患者、そして地域、それらを結ぶ架け橋です。
超高齢社会のニーズにしっかり応えていくとともに医療の社会基盤の整備に貢献していくことを通して、さらに良質な医療を、もっと広い地域で、今後も展開してまいります。